正確には四季報+IR読み&鬼電が原則。

もうこれだけで資産を増大出来る相場に移行するときに重要な情報となる。

現時点での推測はもう不可能に近いが、可能な業種もある。

それが分からない人は景気循環株で底を待つしかない。

土日のサンデーダウが下げない状況になるとき、恐怖指数が和らいだとき。

どこかで空売りの買戻しが大量に入るので、リバウンドはかなりの大きいものになる。

ドルに全て集中しているのも明らかで、貯まりにたまったドルがまたどこかへ流れるときが必ず来ます。

今はそれまで分析を永遠と続けることです。

太陽光の利回りは25%程度と専業の人は実現してる人も多いと思うが。

株式市場の場合は異次元のパフォーマンスをたたきだすことが出来る。

現に現金で太陽光買った私はそれを叩き出しただけ。

リスク回避をしながら適正な価格の70%オフ程度の企業を買い捲り。

通常相場へ移行したときに尋常じゃないパフォーマンスを叩き出すことを約束しましょう。

まあ、今から参戦したら1~2年のスパンで買えばだれでも勝てるのは周知の事実ですが・・・

2年後の決算ではコロナの影響は消えるか、収束しているでしょう。

問題は株価は先取りして動くので、1年程度しか底の期間がないということです。

もっと言えば最近のテクノロジーのおかげで株価の訂正の速さはものすごく早いです。

私の会社も尋常じゃない戻しに、持ち株会でせっかく株数増やすチャンスを台無しにされて悲しいですw